千葉県市川市堀之内3-17-28 リバティヒル弐番館B

つのだ歯科クリニック

千葉県市川市堀之内の一般的な歯科診療・予防歯科・小児歯科「つのだ歯科クリニック」。歯周病、外科処置に評判。北総線北国分駅より徒歩3分。

歯周病

ブログ

Mobile Site tsunoda-dental.net

井桁歯科医院

市川市歯科医師会

歯周病とは

歯周病とは、細菌によって歯肉が炎症を起こして出血し、進行すると顎の骨が溶けてやがては歯が抜け落ちてしまう感染症です。歯を失うほどの病気なのに痛みなどの自覚症状がほとんどないため、気づかないうちに重度まで進行してしまうことが珍しくありません。
日本人の40歳以上の約8割がこの病気に罹っています。日々の生活習慣がこの病気になる危険性を高めることから、生活習慣病のひとつに数えられています。

  • 次へ

歯周病は歯を失う原因第1位です

歯周病と全身の関わり

血管疾患

歯周病菌が血液の中に入り込むと、血栓ができやすくなり、動脈硬化も進みます。その結果、脳梗塞や心筋梗塞など、命にかかわる重要な病気が起こりやすくなります。

誤嚥性肺炎

誤嚥(食べ物や異物を気管内に飲み込んでしまうこと)によって歯周病菌が気管に入り込み、肺に感染して肺炎を引き起こします。
高齢の方がかかりやすく、死亡率も決して低くない病気です。

糖尿病

歯周病は糖尿病を悪化させてしまうことがあります。また、反対に糖尿病の人は免疫力が弱いために歯周病になりやすいという説もあります。

低体重児

体内に入り込んだ歯周病菌が子宮周辺に影響を与え、出産時に似た筋肉の収縮を引き起こすことが低体重児出産の原因になると言われています。

歯周病の進行段階

歯石と歯垢

歯肉炎

症状
歯の表面のエナメル質が溶け始め、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。

歯槽骨が溶けはじめる

初期歯肉炎

症状
プラークや歯石がさらに増え、歯周ポケットが深くなります。出血がひどくなり、歯肉もさらに腫れます。

歯がグラつきはじめる

中期歯肉炎

症状
さらに歯周ポケットが深くなり、出血や腫れに加えて、膿が出て口臭が発生します。また、顎の骨が溶け、歯がぐらつき始めます。

歯槽骨で骨を支えられなくなる

末期歯肉炎

症状
歯周ポケットがさらに深く、歯肉の出血や腫れ、口臭も悪化。歯肉が下がり、歯根が露出し始めます。放っておくと顎の骨が半分以上溶け、最終的には歯が抜け落ちます。

歯周病の治療法

ブラッシング指導

歯周病治療に正しいブラッシングは重要です。正しく磨けてないと、いくら歯周病の治療をしても改善しません。

レーザー治療

軽度な歯肉炎の状態に用いられ、痛みはほとんどありません。炎症を改善する目的で使用します。歯肉が膿をもって腫れている場合、切開に用いる時もあります。

スケーリング・ルートプレーニング

歯石をそのままにしておくと、プラークが余計につきやすく、歯周ポケットが深くなる原因になります。歯周ポケットに入り込んだプラークや歯石を専用の器具で除去します。

歯周ポケット掻把術

中期頃の症状の場合に適応します。局部麻酔を打ち、炎症を起こしている歯肉を歯石や膿と共に除去。切り取った部分からは新しい歯肉ができ、歯根にピッタリ付着することで正常な歯肉が戻ります。

フラップ術

比較的末期の症状に適応します。局部麻酔をして歯肉を切開し、歯根などに付着したプラークや歯石を取り除きます。表面をなめらかにしてから歯肉を縫い合わせ、元に戻します。

ページトップへ